TOP > メンテナンスサービス

メンテナンスサービス MAINTENANCE SERVICE

メンテナンスサービス
service_txt01.jpg 保守契約プラン
製品に精通した全国のサービスマンが

メーカーの各部署と連携して迅速に対応します!


当社では、営業とサービスが一体の体制により相互の情報を共有して、お客様のご要望により高いレベルで応えるよう努めています。営業・サービス部門は、技術・製造・品質保証部門と連携を取りながら全国のサービスマンをフォローアップします。

技術・製造・品質保証部門は当社製品の専門技術者育成に参画しながら、サービスマンからの情報を設計・生産にフィードバックし、お客様により満足していただける製品づくりを目指しています。

  部門連携
安心と安全を追求するレスポンスとスピード。

メーカー研修を受けた信頼の専門技術者を全国に展開。

製品のベストコンディション維持のため

経験豊かな専門スタッフが点検・整備


 

 

突然の故障を予防

制御機器の劣化や燃焼不良によるボイラーの効率低下など、故障の原因となる要素を早期に発見し対処します。

 

専門技術者による点検

メーカーサービス及び提携サービス店の専門技術者が責任を持って点検・整備を行います。

 

クリーンな燃焼を維持

定期的な点検・整備により、経年劣化による燃焼効率の低下を抑え、常に高効率でクリーンな燃焼を維持します。

  点検整備
保守・管理はなぜ大切?

→安全維持・環境対策はもちろん、コスト面でも大きなメリット!
リスク管理  

 

ボイラーやヒーターは一般の家電製品とは異なり、保守・管理を怠ると大きな事故や出費につながるリスクが生じます。日頃からのリスク管理が大変重要です。

不慮の事故を防止

 

 事故

 

ガスやオイル燃料は危険物です。安全装置は定期的に点検整備して最良の状態を維持しなければ、不慮の事故につながる恐れがあります。

 

営業損失を最小化

 

 営業損失

 

制御機器・付属機器の突然の故障や運転不能は、予知し難いもの。日頃の予防保全で、突然のトラブルによる営業損失を最小化します。

 

予定外の出費を抑制

 

 出費

 

突然の故障への対応は、予定外の大きな出費となります。保守契約によって経費を予算化しておくと安心です。

 

大気汚染防止

 

 大気汚染

 

機器の不調による燃焼不良は環境汚染の原因になり、周囲とのトラブルや大気汚染防止法等の適用を受けるリスクがあります。

コスト削減  

 

メンテナンスにより良好な状態を保つことで運転効率の低下を防ぎ、長期的にもライフサイクルコストの削減につながります。

定期清掃で低燃費維持

 

定期清掃

 

長期間使いっ放しではススやスケール付着で効率低下・燃費増加を招きます。定期的な清掃で高効率運転を維持できます。

 

機器の長寿命化

 

長寿命

 

定期的できめ細かいメンテナンスにより機器や付属部品の寿命は長くなり、交換やリニューアルのスパンを長期化できます。

 

資格不要機器で人件費削減

 

無資格

 

無圧ヒーターや真空ヒーターは無資格・無検査で使用できるためボイラー取扱資格が不要で、人件費削減につながります。

   
 
保守契約プラン
 
 
 

  • 昭和鉄工株式会社へのお問い合わせ
  • お問い合わせはこちらから
  • 昭和鉄工株式会社へのご相談、ご依頼はお気軽にこちらからお問い合わせください。