<![CDATA[昭和鉄工]]> https://www.showa.co.jp/blog/ Fri, 23 Feb 2024 13:31:35 +0900 Tue, 06 Feb 2024 09:00:45 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[HVAC&R JAPAN 2024に出展しました!]]> https://www.showa.co.jp/blog/2024/02/06/139 1月30日~2月2日の4日間、HVAC&R JAPAN 2024に出展いたしました。

当社ブースでは、メンテナンス性を追求し、
「スイングオープンドア」、「スライドアウトフィルター」を採用した
「コンパクトエアハンLO-series」の実機展示をはじめ、
高効率の真空式温水ヒーター「エルゴン」の実寸モックアップや、
当社熱源・空調製品の多様なラインナップのハンズオン模型、
工業用電気ヒーターなどをご紹介させていただきました。

特にコンパクトエアハンの実機展示に関心を持っていただき、
新提案のメンテンナンス機構を多くの方にご体験いただくことができました。

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

>>>コンパクトエアハンLO-seriesの詳細ページはこちら
>>>真空式温水ヒーターエルゴンの詳細ページはこちら
>>>工業用電気ヒーターの詳細ページはこちら

]]>
Tue, 06 Feb 2024 09:00:45 +0900
<![CDATA[HVAC&R JAPAN 2024に出展します]]> https://www.showa.co.jp/blog/2024/01/29/138 HVAC&R JAPAN 2024に出展します。

会場:東京ビッグサイト 東展示場1,2ホール
会期:2024年1月30日(火)〜2月2日(金)
   10:00〜17:00(最終日は16:00まで)


最新の「コンパクトエアハンLO-series」の実機を展示、メンテナンス作業の手間を大幅に軽減する

「スイングオープンドア」「スライドアウトフィルター」を体験していただけます。

その他、高効率の真空式温水ヒーター「エルゴン」の実寸モックアップや、当社熱源・空調製品の

多様なラインナップのハンズオン模型展示、工業用電気ヒーター展示などをご用意しております。

皆様のご来場を心よりお待ちしております!



入場には事前の来場登録が必要ですので、下記公式サイトをご参照ください。

>>>HVAC&R JAPAN2024 公式サイト
]]>
Mon, 29 Jan 2024 12:27:13 +0900
<![CDATA[当社の歴史遺産を展示したショールームヘリテージゾーンを整備/公開しました!]]> https://www.showa.co.jp/blog/2023/07/21/137 2023年4月に宇美工場内に
ショールームヘリテージゾーンを開設しました。

本展示場では、創業から戦前までの歴史を辿るべく、
当社のアーカイブに近年回収した個体を加えて公開をしています。

メイン展示である明治天皇お召し列車御料車に採用されたラジエーターの同一機と
京都の小学校から移設した昭和初頭のセクショナルボイラー2種は、
いずれも同型の製品が「建築設備技術遺産」に認定されるなど、
時代を超えて保存されてきた貴重なヘリテージです。
※(一社)建築技術協会が認定する当該分野の進歩・発展に重要な成果をもたらした事物や技術、資料等

ラジエーター.png


ヘリテージゾーンでは展示品の鑑賞だけでなく、

ボイラーの調査から回収、そして移設までの経緯を
紹介する映像もご覧いただけます。

トキワとアサヒ.png


公開から2ヶ月が経ちましたが、

多くの方々にご来場いただき、ご好評いただいております。



また、展示場と連動して、ホームページ内に特設ページを公開しております。
ページ内では、本展示のコンセプトや内容の一部を紹介しています。


>> ショールームヘリテージゾーン特設ページ


「SHOWA Virtual Showroom」と銘打ったメインコンテンツでは、
お手持ちのスマートフォン・タブレット・PCなどから、
実際に来場しているような体験が可能です。
ヘリテージゾーン全体を360°見渡せて、自由に移動することができます。

ウォークスルー_サンプル.png


SHOWA Virtual Showroomへは、
特設ページ下部のバナーよりご来場いただけます。
是非一度ご体験ください。

ウォークスルー_ドールハウス.png


今後、ヘリテージゾーンに対して最新製品を展示するプロダクツゾーンを整備し、

ショールーム全体の公開は2024年度を予定しております。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。


>> ショールームヘリテージゾーン特設ページはこちらから

]]>
Fri, 21 Jul 2023 12:02:19 +0900
<![CDATA[中央管理システムは不要! 複数の外気処理機を一元管理できる多機能集中リモコン「uniot」]]> https://www.showa.co.jp/blog/2022/12/21/135
「ユニオット」は、最大32台の外気処理機を一元管理できる多機能集中リモコン

による新管理システムです。
高価な中央監視設備は不要で、ユニオットのみで

全ての機体のコントロール・連動制御が可能です。




>>>ユニオットの詳細ページはこちら

>>>ユニオットの電子カタログはこちら



従来は、設置する外気処理機の台数分のリモコンが必要で、リモコン設置スペースや煩雑な操作が課題でした。

ユニオットなら1つのリモコンで最大32台の一元管理をシンプルなシステムで実現。接続機をグループに分けて

制御でき火災報知器に連動した緊急停止機能も有しています。


ユニオット システム構成図
最大32台32グループ/自由に選べる管理制御/多彩なコントロール


複数の外気処理機が設置される給食センターや福祉施設等において、BACnet等の中央監視装置がなくても

UIデザインを取り入れた直感的でわかりやすい画面表示の集中リモコンで、細やかに、スマートに、

一元管理を実現します!



>>>ヒートポンプ式外気処理機シリーズはこちら]]>
Wed, 21 Dec 2022 09:36:16 +0900
<![CDATA[蒸気ボイラーの省エネ対策とは?「ヒートポンプ給水予熱」で効率アップとCO2削減を実証!]]> https://www.showa.co.jp/blog/2022/11/15/133

 

ヒートポンプ給水予熱機「プレキュート」

「プレキュート」は、工場等の熱源設備である蒸気ボイラーへの給水をヒートポンプにより予熱する製品です。給水予熱に特化してエコキュートよりも導入コストを抑えています。ヒートポンプ冷媒には環境負荷の少ない自然冷媒・二酸化炭素(CO2)を使用しています。
今回は、このプレキュートを設置して行った省エネ効果実証試験をレポートいたします。

>>>詳しくはプレキュートのページへ



実証試験概要

今回のお客様は食品工場で、加工工程で蒸気ボイラー(燃料はA重油)を使用しておられました。
2021年4月にプレキュートと蓄熱タンクを設置し、現在も消費燃料の削減効果をモニタリングしています。

●食品工場

●蒸気ボイラー 4.5t/h

(2t/h✕2台、0.5t/h✕1台)

●給水量 25,000L/日

●使用燃料 A重油

●プレキュート稼働時間 24h
  実証試験現地写真




プレキュートの省エネ効果!

では、プレキュート設置による省エネ効果はどれほどだったでしょうか。

下のグラフは、A重油の削減量(青棒グラフ)とCO2の削減量(緑折れ線グラフ)を示しています。年間で約18tのA重油を削減、年間約23tのCO2削減効果が確認できました!

燃料削減グラフ

さらに、A重油の削減量と単価からコストメリットを算出したものが下のグラフ(オレンジ折れ線グラフ)です。年間で約73万円のコストメリットを得ることができました。

コストメリットグラフ

CO2排出量:年間23t削減!
CO2排出係数→ A重油:2.71kg-CO2/L(環境省)、電力:0.479kg-CO2/kWh(2020年度九州電力)

ランニングコスト:年間73万円ダウン!
単価→ A重油:70〜82円/L、電気:個別契約のため非公開





参考導入費用と事業費補助金

以下は、プレキュートの導入費用の一例です。産業ヒートポンプとして補助金を利用することもできます。下記の例では、プレキュート導入の費用を約6.5年で回収できます。(2022年10月算出)

①機器・工事費 ※概算 電気工事費を除く ¥5,635,000
②補助金額 ※下表参照 ¥42,000/kW × 21.3kW ¥894,600
③導入費計 ① - ② ¥4,740,400
④年間コストメリット 実証試験より ¥730,000
⑤投資回収年数 ③/④ 6.5年

プレキュートの導入には、一般財団法人「ヒートポンプ・蓄熱センター」の「令和4年度先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金」を利用することができます。

●産業ヒートポンプの種別毎に定める定額補助金額
補助金表




プレキュートでカーボンニュートラル

二酸化炭素の排出量抑制が強く求められる昨今、蒸気ボイラーを熱源とする工場においても、燃焼による環境負荷の低減が最重要課題の一つと言えます。また世界的に燃料費が高騰を続ける中で、その費用の抑制はまさに喫緊の課題です。
工場のCO2排出抑制対策の新たなソリューション「プレキュート」が、カーボンニュートラルに向けた着実な一歩を実現します。



※プレキュートのページはこちらから

※プレキュートのウェブカタログはこちらから

※プレキュートに関するお問い合わせはこちらから

]]>
Tue, 15 Nov 2022 12:58:13 +0900
<![CDATA[新旧天神地下街のデザインを担当したTS’A佐藤哲哉氏がホームページ開設]]> https://www.showa.co.jp/blog/2022/10/11/134 当社が都市景観事業として手掛けた福岡市天神地下街の鋳物天井。
この天井意匠の他、空間デザイン全体を手掛けられたのがTS’Aの佐藤哲哉氏です。
氏とのエピソードは当社リクルートサイトでも触れさせていただいてます。
>>>「29年後のスケッチ」https://www.showa.co.jp/recruit/gallery.html
 
その佐藤氏がこのたび自社のホームページを開設されました。
>>>TS'Aホームページ https://ts-a.net/
 
氏が長年にわたって手掛けられたデザイナーとしての実績に混じり、
天神地下街も大きく紹介されています。
若い頃渡米して勤められたというアメリカのデザイン会社での実績では、
コンコルドの内装デザインのプロジェクトも紹介されており、
氏の活躍の領域は建築にとどまりません。
ただ何といっても本職は建築や都市計画のプロデュースやデザイン。
最近では躍進著しい中国のプロジェクトにも精力的に参画されているようです。
 
そんな中、当社が心酔してきたのが氏のドローイングの技術です。
氏の描く建築パースは巷の職業パース製作者の技量をはるかに超え、
往年の著名建築家の作品のようなオーラが漂います。
近年、その画力を活かした建築水彩画を多く手掛けておられ、
作品紹介のページも併設されています。
販売もされてますので、ご興味のある方はぜひ連絡してみてください。
 
>>>建築水彩画ページ https://ts-a.net/painting/
 
実は当社も氏の作品を1つ所蔵しております。タイトルは「修道院の中庭」。
新天神地下街の天井意匠が発想される元となった樹木が描かれています。
当社の工場見学ゲストルームの壁に飾られ、日々来訪者を迎えています。
氏が旅先で感じた空気感は、この水彩画や地下街から確かに伝わってきます。



氏のホームページを通じて、当社のものづくりの姿勢やクオリティも感じていただければ幸いです。
]]>
Tue, 11 Oct 2022 09:37:16 +0900
<![CDATA[高効率無圧式温水ヒーター「エトナ」発売開始!]]> https://www.showa.co.jp/blog/2022/07/01/132 無圧式温水ヒーターの新たな高効率スタンダード
「エトナ」を発売開始!
 
「エトナ」は無圧式温水ヒーターの最新モデルです。
多様な燃料で効率91〜93%を達成。ガス焚きでは30ppm以下の低NOxも実現。
環境性能に加えて設置スペースも大幅削減するラウンドタイプです。
新開発の多機能コントローラーをビルトインした新しいフロントデザインで新登場です。



>>>「エトナ」サイトはこちら
>>>「エトナ」ウェブカタログはこちら


「エトナ」は国土交通省観光庁の「環境に配慮した持続可能な周遊観光促進事業・事業類型2」の補助対象です。
>>>詳しくは観光庁のサイトをご覧ください。]]>
Fri, 01 Jul 2022 10:23:39 +0900
<![CDATA[自然冷媒ヒートポンプ給水予熱機「プレキュート」を開発!]]> https://www.showa.co.jp/blog/2022/01/17/125
この度、九州電力株式会社と共同で、自然冷媒ヒートポンプによる給水予熱機「プレキュート」を開発しました。2022年4月より受注を開始します。
食品工場などで使用されている蒸気ボイラーの給水をプレキュートで予熱することで、ボイラーの燃料を削減し、CO2排出量も削減します。
簡単な工事で設置できるコンパクトなシステムで導入しやすく、低・脱炭素社会の実現に貢献します。

省エネ効果、メリット


●システム構成図
システム構成図


>>プレスリリースはこちらから

>>プレキュート製品ページはこちらから]]>
Mon, 17 Jan 2022 15:04:06 +0900
<![CDATA[応力集中型鋼製防護柵フレンビーの動画完成!]]> https://www.showa.co.jp/blog/2021/12/24/124 高度経済成長期に集中的に整備された橋梁やトンネルなどの社会インフラの老朽化が懸念されています。
橋梁用防護柵においては段階的に改訂される設置基準への対応も求められます。膨らむ予算が足枷となり、簡単には補修に踏み切れない自治体が多いのが現状です。

当社では、橋梁用防護柵の補修における課題解決に特化した鋼製防護柵「フレンビー」を開発しました。
長年、鋳鉄製防護柵を製造し施工する中で培った経験と技術を活かし、最新の安全基準をローコストで提供し、さらに維持管理費も低減します。
お陰様で採用・施工実績は、総延長約100kmにおよびます。

今回、このフレンビーが多くの自治体でご採用いただける理由を、5つのポイントにまとめて動画を制作しました。
数々のアイデアと技術が結晶したフレンビーの秘密を、ぜひご覧ください!




「フレンビー」のページはこちらから]]>
Fri, 24 Dec 2021 10:35:20 +0900
<![CDATA[工業用電気ヒーターと電気炉のソリューションサイト公開!]]> https://www.showa.co.jp/blog/2021/08/24/123 工業用ヒーターや電気炉についての情報をお探しの方のためのソリューションサイト「工業用ヒーター・電気炉Matching LAB」を公開しました。


「工業用ヒーター・電気炉Matching LAB」はこちらから


電気ヒーターや電気炉の基礎知識、注目のヒーターの仕組み解説、熱に関するコラムなど、様々なコンテンツが満載です。「熱」や「電磁波」についての基礎的な知識なども、写真やイラストを交えて解説しています。
サイト内の一部コンテンツは、PDFデータとしてダウンロードもできます。
面白記事も随時更新していく予定ですので、ぜひ一度ご覧ください。]]>
Tue, 24 Aug 2021 13:45:50 +0900