詳しい特徴THE DETAILED FEATURE

リタンエアデシカント空調機の詳しい特徴

低温ローター再生:超省エネ

従来型に比べデシカントローターの低温再生(40~60℃)が可能なため、捨てられていた低温排熱が空調システムのエネルギーに利用できます。
低温ローター再生:超省エネ

※各システムにおけるデシカントローター再生温度領域(当社比)

これまでの排熱利用の状況は?
上のグラフが示す通り、従来型デシカント空調のローター再生温度域は80℃以上必要であり、それ以下の低温排熱は給湯くらいにしか使用できません。冬期は給湯負荷が多くなるため排熱利用が省エネに貢献できますが、夏期はほとんど利用されず、捨てられていたのが現状でした。
リタンエアデシカント空調機では?
低温でローターが再生できるため、これまで廃棄されていた低温域の排熱が空調に利用できるようになります。

階層レイアウト設計:省スペース

3階層レイアウトのリタンエアデシカント空調機は2階層レイアウトの従来機に比べ、設置スペースを平均34%も削減。装置容積も平均約17%削減し、場所を取らない省スペース設計です。
階層レイアウト設計:省スペース

別流路設計:臭気対策

臭いが移行しにくい、給気と還気流路を分断した別流路設計です。
別流路設計:臭気対策

  • 昭和鉄工株式会社へのお問い合わせ
  • 昭和鉄工株式会社へのご相談、ご依頼はお気軽にこちらからお問い合わせください。
  • メールでのお問い合わせ

保存