TOP > 昭和鉄工 > 食品工場の結露・カビ対策には、 低温除湿が可能なデシカント除湿機を!
デシカント空調
2016/12/08

食品工場の結露・カビ対策には、 低温除湿が可能なデシカント除湿機を!

sts design
昭和鉄工

精肉工場、水産工場、野菜工場、給食センター、食品貯蔵倉庫、弁当工場等、食品を扱う工場における課題は除湿不足によるカビの発生です。
食品関連の作業環境は菌の増殖を抑えるため低温(10℃〜15℃)に保たれているところが多いですが、低温が故に壁や天井に結露が発生し、それがカビの温床になってしまいます。

結露が発生するのは高い湿度が原因ですが、温度は管理できても湿度が管理できていないのは何故なのでしょうか。

 

なぜ除湿不足になるのか?



除湿は空調機(エアコン等)による冷却除湿方式が一般的です。
これは空気を冷やしていくと相対湿度が高くなり、飽和状態(100%)に達した時点で水蒸気が凝縮して水になる原理を利用した除湿方法です。

冷却除湿処理された空気の相対湿度は90%に達しています。除湿後の空気は室温より冷却されているため、相対湿度はあがってしまうのです。夏期や高温環境では暖かい室内空気と混じり合い相対湿度はすぐに低下しますが、冬期や食品工場のような低温な環境では室温が低いために90%の相対湿度が保たれたままになってしまいます。この空気が冷えた壁や天井に触れると結局は結露→カビ発生は起こってしまいます。当然室内全体の湿度も下げることはできません。

低温環境では冷却による除湿だけで結露を抑えることは難しいのです。

 

では除湿不足を解消するため、もっと空気を冷却するとどうなるでしょうか…
もちろん冷却エネルギーが余分に必要になりますし、冷えすぎて作業者にとってはつらい環境になります。今度は室温を上げる再加熱のエネルギーを使わなくてはなりません。

また冷えすぎた冷却コイルに結露した水は凍って霜になります。その場合はヒーターによる除霜(デフロスト)が必要となり、その間運転効率が低下してしまいます。

このように無理な低温での冷却除湿は大きなエネルギーロスも招いてしまうのです。

 

低温環境の除湿には何がいいのか?



低温除湿に有効なのはなんといっても吸着式の除湿方法です。
シリカゲルやゼオライトなどの乾燥剤を使って水分を吸着する方法で、デシカント(乾燥剤)方式とも呼ばれています。冷却除湿とは違い、低温度域でも除湿能力は低下しません。

最近では家庭用の冬期の結露対策としても注目されています。

 

当社の「デシカラット」はヒートポンプ式室内循環型のデシカント除湿機です。冷却コイル+デシカントローターによって除湿すると10℃〜15℃の低温環境でも相対湿度60%〜70%の低湿空気を噴き出すことが可能です。低湿環境は結露やカビを防ぐのはもちろんのこと、霜付きの防止、また防錆にも有効なため建材や機械の寿命向上も期待できます。デシカントローター再生用の熱源にはヒートポンプを内蔵していますので、省エネ運転も実現しています。

 これからは、温度をエアコンで10℃〜15℃に、湿度を「デシカラット」で60〜70%に管理しましょう。
多様な食品関連施設の除湿に是非お役立てください。

デシカラットの仕様はこちらから