TOP > 昭和鉄工 > 除湿はデシカント空調にまかせて 節電クールビズを乗り切ろう!
デシカント空調
2016/07/21

除湿はデシカント空調にまかせて 節電クールビズを乗り切ろう!

sts design
昭和鉄工

今回はデシカント空調機による夏場の省エネ化と快適化のお話したいと思います。

省エネと言えばクールビズ空調ですが、提唱されて以来エアコンの温度設定は28℃前後という所が多く見られます。

しかし節電のためとはいえ、この推奨温度は決して快適とはいえません。デスク用小型扇風機を活用されている方も少なくないでしょう。

このつらさの原因は実は温度ではなく湿度。温度が28℃の時の快適湿度の上限目安は60%程度ですが、エアコンの設定に湿度制御は入っていません。

湿度はあくまで成り行きなのです。

温度よりも湿度処理のほうがエネルギー負荷が大きい

もちろんエアコンは温度とともに湿度も下げようと頑張っていますが、エアコンのコンプレッサー方式では温度よりも湿度を下げるほうがより大きなエネルギーを必要とします。

この負荷の差が処理能力の差にもつながって不快の原因になっています。

28℃の温度設定は満足しても湿度は快適領域には達していません。結局は我慢できなくて設定温度を下げてしまうことになります。
逆に湿度を快適にすれば今度は温度が下がりすぎて(冷えすぎ)不快となり、エネルギーの無駄も大きくなってしまいます。

エアコンだけで温度と湿度を同時に制御しながら省エネと快適性を両立させるのは困難なのです。

湿度の負荷は高温多湿の外気が原因

今さらですが、この不快な湿度は屋外の空気が原因です。

エアコンは屋内循環なので閉めきっていればさほど湿度はあがりません。家庭でもエアコンをつけた部屋にはできるだけ外部の空気をいれないよう心がけているはずです。

しかし、締め切り状態の室内空気は二酸化炭素やホルムアルデヒド等の有害物質でどんどん汚れていきます。そのため室内の汚れた空気を新鮮な外気と入れ替える“換気”は家庭でもビルでも義務付けられており、冷暖房と並んで空調の重要な要素になっています。


この換気システムによって屋内には常に多湿の外気が入ってきているのです。

温度はエアコン、湿度は外調機(外気処理機)で処理

入ってくる外気を無くすことはできませんが、その湿度(潜熱)を抑えることは可能です。

換気設備に除湿能力の高い外調機(外気処理機)を採用し取り込む外気を低湿化すれば、エアコンの湿度処理の負荷は大幅に軽減されます。温度(顕熱)の処理のみでよくなったエアコンはCOPが上がり省エネにつながります。また温度と湿度を個別に制御できるため、快適性を重視した空調も可能となります。

このように温度はエアコン、湿度は外調機とそれぞれが得意な処理に分担することを「潜熱顕熱分離処理方式」と呼んでいます。

外気の除湿方式にはいろいろありますが、乾燥剤ローターへの水分吸着によって除湿するデシカント方式が現在最も注目されています。デシカント方式は低温の排熱をローター再生に利用できるため、排熱が発生するビルや工場では従来のエアコンの除湿方式に比べてはるかに省エネ運転が可能になるからです。
当社ではデシカント方式を更に発展させた独自のリタンエアデシカント空調機「ラデック」を開発し、同技術で特許も取得しました。

リタンエアデシカント方式は
“デシカント除湿によって更に低湿化したリタンエア(屋内還気)と外気とを全熱交換することにより室内と同じ温湿度を獲得”します。
つまりラデックで導入する外気は、なんと室内と同じ温度・湿度なのです。デシカントローターと全熱交換器を併用した、ラデックは換気型外気処理空調製品において省エネNo.1を達成しました。

空調システムとしては、高顕熱型のビルマルチエアコンとラデックを組み合わせた「潜熱顕熱分離処理」で、施設全体の省エネを実現させます。

省エネと快適性を両立させるクールビズ時代の新しい空調システムはラデックにお任せください。

参考記事
“特許取得” 画期的なデシカント空調機「ラデック」で省エネ&快適クールビズ!

製品の詳しい説明
デシカント空調機(ラデック)