TOP > 昭和鉄工 > 超高効率105%を実現した省エネ“潜熱回収型”ガス温水ヒーター「RECOS」
温水ヒーター
2016/05/31

超高効率105%を実現した省エネ“潜熱回収型”ガス温水ヒーター「RECOS」

sts design
昭和鉄工

パワフル運転で多様な温浴設備付帯施設で使用されている業務用のガス温水ヒーターですが、通常の熱効率は80%〜85%くらい、当社の高効率ヒーターである「NEOS」でも90%が限界でした。
その中で潜熱回収ヒーター「RICOS(リコス)」は105%という超高効率を実現した超省エネの温水ヒーターです。超高効率性能は名前にある通り潜熱を回収することで可能となりました。潜熱は排ガスに含まれる水蒸気が持っている再生可能エネルギーです。

 

 

一般的に潜熱回収器は、ヒーター熱交換器の2次側に設置されますが、昭和潜熱回収ヒーターでは、上図のように1次側に設置し、缶体の熱媒水を温める方式としています。この方式により、給湯・暖房など複数回路の場合でも、全ての回路で潜熱を回収することが可能となりました。使用する回路に限定されること無く、効率を高めることができるため、超高効率=省エネ化を実現できたのです。

尚、1次側は“無圧開放”されていますので、法的な届出・取扱資格等は不要です。 


もう一つの超高効率化の方法がターンダウン20%の高性能バーナーの採用です。効率的な比例制御によって放熱ロスを最小限に抑制しました。

 

超高効率化によってCO2排出量も通常の温水ヒーターに比べ、リコスは15%減となりました。低NOx運転と合わせ地球環境への負荷が少ないことも「RICOS(リコス)」の大きな特徴です。省エネで環境にやさしい当社の業務用潜熱回収型ヒーターを是非ご検討ください。


リコスの詳しいページはこちらから。
リコスの電子カタログはこちらから。