TOP > 昭和鉄工 > バスタ新宿にダクタイル鋳鉄製 横断防止柵 FOタイプを納品しました
アーバネクス
2016/05/24

バスタ新宿にダクタイル鋳鉄製 横断防止柵 FOタイプを納品しました

sts design
昭和鉄工

今春、新宿駅南口地区に鉄道駅や高速バスターミナル、タクシー乗降場などを集約した日本最大級の交通ターミナル「新宿南口交通ターミナル:バスタ新宿」が開業しました。
施設内部や周辺の甲州街道には当社のダクタイル製横断防止柵アーバネクスシリーズFOタイプが採用されています。内部はホワイトの縦格子タイプ、甲州街道はシャンパンゴールドの横レールタイプです。

 

 

 

 FOタイプは当社のアーバネクスシリーズでは最も新しい製品です。アーバネクスシリーズの防護柵は高い開放性を目指してスリットピラーを採用しており、FOタイプの特徴は優しいオーバル(楕円)断面と完成度を高めた機能性です。意匠性と機能性が高次元に融合したFOタイプはこれまで数々の都市整備に採用いただきました。

 

洗練された当社のデザイン柵アーバネクスシリーズは全国の設計者に高い評価をいただいており、今や都市景観には欠かせないものになっています。オリンピックに向けた整備等に設計者・発注者の皆様に是非ともご検討いだきたい製品です。

アーバネクスシリーズの詳しい説明はこちらから。

FOタイプの電子カタログはこちらから。